メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安土城北側に郭4カ所 赤色立体地図作製で判明 防御目的以外の施設か /滋賀

上空から見た安土山。中世には琵琶湖の入り海が山ろく近くまで迫っていたとみられる=滋賀県文化財保護課提供

 戦国武将・織田信長が居城とした安土城(近江八幡市)の調査で、県が地形を赤色の濃淡で表現した「赤色立体地図」を作製した結果、城跡の北側に、人工的に作られた平坦地である「郭(くるわ)」が、少なくとも4カ所あることが新たに分かった。県文化財保護課は「北側は琵琶湖を見張るためのものと考えられていたが、防御目的以外の施設があった可能性がでてきた。安土城の全体の構造を考え直す必要がある」と分析する。【諸隈美紗稀】

 測量は2019年度に始まった「『幻の安土城』復元プロジェクト」の一環で2020年6月に実施した。赤色立体地図は航空レーザー測量で得た三次元データを基に、地形を赤色の濃淡で表現した地図。地形の凹凸が明瞭に分かるとして、近年は古墳や遺跡の調査にしばしば利用されている。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです