メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀のワザ

/6 弦楽器修復・堤邦之さん(大津市) 元の姿へ 丁寧に美しく /滋賀

修復中のバイオリンを手にする堤邦之さん=大津市浜大津2で、山中宏之撮影

 バイオリンやビオラなど弦楽器の美しい音色を保つには定期的な手入れが必要だ。弦楽器の修復工房「Werkstatt der Hobel(ベルクシュタット・デア・ホーベル)」=大津市浜大津2=の堤邦之さん(61)は弦楽器の修復に携わって35年。「きれいに直してお客様に喜んでもらえたときが一番うれしい」とやりがいを語る。【山中宏之】

 工房は京阪びわ湖浜大津駅近くのビル3階。「路面電車と琵琶湖が一望できて癒やされます」と笑顔を見せる。

この記事は有料記事です。

残り965文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです