メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学生らが活動報告 関大・近藤研究室、ぼうさい甲子園講演 /大阪

学生らが活動報告した「ぼうさい甲子園グランプリ記念講演会」=大阪市北区梅田3の毎日新聞ビルで、遠藤哲也撮影

 優れた防災教育を顕彰する2019年度の「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社、兵庫県など主催=のグランプリに輝いた関西大社会安全学部(高槻市)の近藤研究室による受賞記念講演会(毎日新聞社、毎日文化センター主催、コカ・コーラボトラーズジャパン協賛)が8月28日、大阪市北区の毎日新聞ビルで開かれた。約40人が集まり、学生らの報告に熱心に聴き入った。

 学生らは京都府京丹波町、兵庫県尼崎市、福井市などに出向き、地域の状況に合わせて住民だけでなく、ケーブルテレビやラジオ局との協力で防災意識を浸透させてきた。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです