メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長州飛耳長目

萩市の「公・民」2院統合検討委 中核病院、開設遅れも /山口

中核病院の形成へ統合が検討されている萩市民病院

 医師や看護師の不足に対応するため、公営の萩市民病院と民営の都志見(つしみ)病院の統合を協議している萩市の中核病院形成検討委員会が、全体のスケジュールを見直すことになった。8月27日の第3回会合で、新病院の病床数や診療科目の策定について委員から慎重な議論を求める意見が相次いだためで、これらの項目を決定するため10月上旬に予定していた第4回会合は開催を遅らせる。2022年4月を目標にした中核病院の開設も遅れる可能性が出てきた。【遠藤雅彦】

 「現時点でめどは申し上げられない」。9月2日の市議会全員協議会で、市中核病院形成推進室の野間隆司室長は統合後の病院のあり方について検討委が報告書をまとめる時期の明言を避けた。中核病院の開設時期も「検討委のスケジュールが決まらないと言えない」と言葉を濁した。

この記事は有料記事です。

残り844文字(全文1193文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです