メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

画文集「バルカン幻影」出版 東南欧州へ気ままなスケッチ旅 芦屋町の画家・田代桂子さん(80) /福岡

「バルカン幻影」を手にする田代さん

 芦屋町在住の画家、田代桂子さん(80)が自身6冊目となる海外でのスケッチ旅行を画文集としてまとめた「バルカン幻影」(石風社)を出版した。【籔田尚之】

 バルカンは東南ヨーロッパ地域のこと。ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロ、北マケドニアなどを中心に、昨年7月から約2カ月かけて一人で巡った。

 モチーフは、寺院やオープンカフェ、市場、石畳の街並みなど。携行用の折りたたみ椅子に座り、膝の上にスケッチブックを広げて水彩画で1~3時間で仕上げるという。

 海外スケッチ旅行を始めたのは子どもに手がかからなくなったおよそ30年前。現地での宿の手配から移動手段などすべてをこなしながらの旅だ。

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです