メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

講談師・元参院議員、旭堂南陵さん=7月30日死去・70歳

旭堂南陵さん=大阪市中央区で2016年5月、山田夢留撮

 上方講談発展のために闘い続けた四代目旭堂南陵さんが急逝された。棺(ひつぎ)に眠る顔が信じがたいほど穏やかだった。

 学生時代に先代南陵師に弟子入りして、若手落語家たちと協力して地域寄席の発展に貢献した。また、講談塾を開いて講談師の数を増やそうとしていた。

 歴史研究に熱心だったこの人は、古い神道講釈の「安倍晴明」を掘り起こしたり、古典の改訂や改作、そして人情味あふれる世話講談の創作も手掛けたりしていた。それらは弟子に確実に受け継がれている。国会議員になったのも、明治時代の政治講談を意識していたからのようだし、常に上方講談が注目を集めるように努力していた。他分野で…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです