メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

高見順賞の詩文学=酒井佐忠

 高見順賞が50年の歴史を閉じたという。小説と同時に詩をこよなく愛した高見順の精神を継いで生まれた賞。戦後の新しい詩文学を希求する軌跡がしのばれる。いま『高見順賞 五十年の記録 一九七一―二〇二〇』(高見順文学振興会刊、非売品)が私のもとに届いた。第1回受賞者、三木卓『わがキディ・ランド』と吉増剛造『黄金詩篇』から、吉原幸子、飯島耕一、入沢康夫、白石かずこ、新藤凉子、安藤元雄、高橋睦郎、井坂洋子、小池昌代らから精鋭の杉本真維子まで、受賞者が生んだ詩集の重み…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. ORICON NEWS 中居正広&劇団ひとり&古市憲寿、絵本プロジェクトが集大成「アニメ化も視野に…」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 大阪・万博記念公園の遊歩道で倒木 40代の頭を直撃、負傷 樹齢50年で腐食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです