メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胆振東部地震2年 悲しいまちで終わらせない

大規模な土砂崩れで19人が犠牲となった吉野地区。兄が亡くなった生家近くで手を合わせる遺族=北海道厚真町で2020年9月6日、貝塚太一撮影

 最大震度7を記録し、44人が亡くなった北海道胆振(いぶり)東部地震は6日、発生から2年を迎えた。被災地では遺族や住民が犠牲者の冥福を祈った。

 災害関連死の1人を含め37人が亡くなった厚真町では、地震が起きた午前3時7分、町役場や災害現場に犠牲者の同僚や家族、知人らが集まり、手を合わせた。土砂崩れな…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. ダム湖の流木、無償提供が人気 「ストーブのまきに」 処分費削減にも貢献 岩手

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです