メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支持固め、安定の菅氏 巻き返し図る岸田氏と石破氏 自民総裁選8日告示

(左から)菅義偉官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後任を決める党総裁選(14日投開票)が8日告示される。菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)の3氏が立候補する。党内7派閥中5派閥の支持を固めた菅氏が安定した選挙戦を展開する見通し。巻き返しを図る岸田、石破両氏は7日、それぞれインタビューに応じ、支持拡大を訴えた。

 立候補は8日午前10時から党本部で受け付ける。午後1時から所見発表演説会、午後3時に共同記者会見がいずれも党本部で行われる。衆参両院議長を除く国会議員394人と都道府県連各3人の計535票で争われ、14日の両院議員総会で新総裁が選出される。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

  5. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです