「安倍首相はコロナ対策を十分主導できず」 経団連会長、再発入院以来初の会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リンパ腫の再発後、初めて記者会見する経団連の中西宏明会長=東京都千代田区の経団連会館で7日、鳴海崇撮影
リンパ腫の再発後、初めて記者会見する経団連の中西宏明会長=東京都千代田区の経団連会館で7日、鳴海崇撮影

 経団連の中西宏明会長は7日、再発したリンパ腫の治療で入院して以来、初めての記者会見を開いた。辞任する安倍晋三首相を「新型コロナウイルスの感染拡大対策を十分に主導できなかった」と批判。次の政権について「コロナ対策と経済再生の両立に連携して取り組む」と語った。

 中西氏はこの日、東京都内の病院を出て会長・副会長会議に出席し、その後に会見に臨んだ。「体調は悪くない」としながらも、「試行錯誤しながら最先端の治療を受けており、自分でコ…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集