メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安土城北側、船着き場や蔵も 人工平坦地「郭」4カ所判明 滋賀

県が6月に測量して作製した安土城の「赤色立体地図」。北側に四つの郭が確認できる=滋賀県文化財保護課提供

 戦国武将・織田信長が居城とした安土城(滋賀県近江八幡市)の調査で、県が地形を赤色の濃淡で表現した「赤色立体地図」を作製した結果、城跡の北側に、人工的に作られた平坦地(へいたんち)である「郭(くるわ)」が、少なくとも4カ所あることが新たに分かった。県文化財保護課は「北側は琵琶湖を見張るためのものと考えられていたが、防御目的以外の施設があった可能性がでてきた。安土城の全体の構造を考え直す必要がある」と分析する。【諸隈美紗稀】

 測量は2019年度に始まった「『幻の安土城』復元プロジェクト」の一環で2020年6月に実施した。赤色立体地図は航空レーザー測量で得た三次元データを基に、地形を赤色の濃淡で表現した地図。地形の凹凸が明瞭に分かるとして、近年は古墳や遺跡の調査にしばしば利用されている。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです