「マスク練習中」マーク考案 母親「発達障害児の特性を理解して」 携行し意思表示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクをつける練習中であることを示すマークと、考案者の前田香さん=和歌山市で2020年8月25日、木村綾撮影
マスクをつける練習中であることを示すマークと、考案者の前田香さん=和歌山市で2020年8月25日、木村綾撮影

 感覚が過敏だったり環境の変化に対応することが苦手だったりして、マスクをつけられない発達障害の子供らに利用してもらおうと、和歌山市の前田香さん(36)が「マスク練習中」と意思表示するマークを作った。インターネットから無料でダウンロードでき、印刷してパスケースなどに入れて表示してもらう。

 新型コロナウイルス対策でマスク着用が求められるなか、つけない人へのバッシングも起きており、マークを身に着けることで周囲に理解を促す狙いだ。自身も発達障害の長男を育てる前田さんは「さまざまな理由でつけられない人がいることを知ってほしい」と話している。

 前田さんは2019年9月に起業し、発達障害や感覚過敏の人向けの服作りに取り組んでいる。新型コロナの感染が広まった4月以降、マスクひもが耳に当たるのを嫌がる子供たちのために、耳にかけないマスクの作り方などをウェブサイトで紹介してきた。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文811文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集