新型コロナとインフル同時に検査、18分で結果 秋以降の流行に備え年内にも発売

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA、B型を同時検査できるPCR検査装置について説明する鹿児島大の隅田泰生教授=金沢市内で2020年9月7日午後1時39分、園部仁史撮影
新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA、B型を同時検査できるPCR検査装置について説明する鹿児島大の隅田泰生教授=金沢市内で2020年9月7日午後1時39分、園部仁史撮影

 液体充塡(じゅうてん)機器製造などを手がける渋谷工業(金沢市)は7日、一つの唾液検体から新型コロナ、インフルエンザA・B型の計3種類のウイルスを短時間で同時検出できる高速PCR検査装置を2020年内にも開発・発売すると発表した。これまで2時間程度かかっていた検査時間を18分以内に短縮でき、秋以降に予想される新型コロナ、イン…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

あわせて読みたい

注目の特集