メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020毎日ファッション大賞に熊切秀典さん、新人賞・資生堂奨励賞には横澤琴葉さん 「ワークマンプラス」が話題賞に

毎日ファッション大賞に決まった熊切秀典さん

[PR]

beautiful people-2020秋冬パリコレクション

 2020年(第38回)毎日ファッション大賞(毎日新聞社主催、経済産業省後援)の受賞者が8日発表され、大賞は「beautiful people(ビューティフルピープル)」デザイナーの熊切秀典さん、新人賞・資生堂奨励賞に「kotohayokozawa(コトハヨコザワ)」デザイナーの横澤琴葉さんが選ばれた。長らく業界に貢献した人や団体に贈られる鯨岡阿美子賞には「ファッション甲子園実行委員会」、話題賞は「ワークマンプラス」が選ばれた。

「Side-C」確かな技術力で服作り

新人賞・資生堂奨励賞の横澤琴葉さん
kotohayokozawa-2019SS

 大賞の熊切さんは、07年に自身のブランドを設立。17年秋冬からパリでのコレクションを発表。上質な素材や高度な裁断、縫製が特徴で、近年は服の表でも裏でもない「Side-C」といったコンセプチュアルな発想をもとに確かな技術力で服作りを行ってきた。コロナの時代にあっても変わらない視点、ゼロから新しいものを継続して作り出そうとする姿勢が高く評価された。

即興性を重視、常に時代を反映

 新人賞・資生堂奨励賞の横澤さんは、15年にブランドを設立。25分という短い時間で作る服の提案や、即興性を重視した一点物、古着や過去の作品をカスタマイズして作る服など、常に時代を反映させながら独自の立ち位置を確立してきた。日常で着られるデザインでありながらオリジナリティーがある服は若い女性に強い支持を得ている。

鯨岡賞にファッション甲子園実行委

 鯨岡阿美子賞のファッション甲子園実行委員会は、全国の高校生を対象としたファッションデザイン選手権大会「ファッション甲子園」を運営。20年目の節目となる今年の大会は、残念ながら新型コロナウイルスの影響で中止となったが、繊維産業が盛んな青森県弘前市で毎年開催されている。地元の繊維産業振興のために関係者が町ぐるみで運営に取り組んでいる点や、若い世代がファッションへの夢を育てる貴重な場となっている点が評価された。

ファッション甲子園2019表彰式の様子

 話題賞の「ワークマンプラス」は、作業着などのフランチャイズ店を全国で展開する「ワークマン」が18年にオープンした一般客も入店しやすい高機能ウエアを扱う新業態店。手に取りやすい価格とファッション性で幅広い顧客層を捉え、「ワークマン女子」という言葉も生まれるほどの人気となった。19年9月に開催した雨や強風の中をモデルが歩く「過酷ファッションショー」も大きな話題となった。

2019年9月に開かれた「過酷ファッションショー」の模様。ステージに雨が降る演出で行われた
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  3. 核禁止条約、批准50番目はホンジュラス 国連創設75周年の節目に

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです