特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ重症化、早期予測 千葉大が手法開発へ 臨床研究開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
コロナ重症化予測の臨床研究の流れ
コロナ重症化予測の臨床研究の流れ

 千葉大は、新型コロナウイルス感染者の重症化を予測する手法の開発に向け、臨床研究を始めた。肺の血栓などを引き起こすたんぱく質の数値を解析し、重症化のマーカー(指標)としての利用を目指す。症状の悪化が見込まれる人を早期に治療することにより、重症者を減らすだけでなく、医療現場の負担軽減にもつなげたいとしている。

 臨床研究は、千葉県や東京都の感染症指定病院などの入院患者100人を対象にしている。既に血液の採集を始めており、12月ごろに研究を終える計画だ。

 研究チームによると、新型コロナの重症患者では肺梗塞(こうそく)や血栓症などが多いことから…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文525文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集