全米テニスでジョコビッチ失格 中断中、線審にボール当てる

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 全米テニス4回戦のプレー中断中に線審へボールをぶつけた行為について協議中、手を合わせるノバク・ジョコビッチ=6日、ニューヨーク(AP=共同)
 全米テニス4回戦のプレー中断中に線審へボールをぶつけた行為について協議中、手を合わせるノバク・ジョコビッチ=6日、ニューヨーク(AP=共同)

 テニスの全米オープン第7日は6日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス4回戦で、世界ランキング1位の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)がパブロ・カレノブスタ(スペイン)との試合中、四大大会の規則に違反したとして失格となった。

 ジョコビッチは第1セットで5―6とリー…

この記事は有料記事です。

残り50文字(全文214文字)

あわせて読みたい

注目の特集