メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

エコバッグで「ありがとう」 エッセンシャルワーカーに感謝 10月以降無料配布

無料配布するエコバッグ。仲條正義さんがデザインしたシール(右)をバッグ裏面の無地の部分に貼り付けて使用する=東京都千代田区で2020年8月26日、滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療従事者やスーパーマーケット、薬局の店員ら「エッセンシャルワーカー」の重要性が改めて認識されている。毎日新聞社などは、そうした活動に携わる人たちに感謝の気持ちを伝えるエコバッグを作製した。10月以降、Bunkamura(東京都渋谷区)が企画・開催する「Bunka祭2020」で無料配布する。

 バッグはA4サイズの書類が入る大きさで、特殊な紙素材でできている。また、バッグに貼りつけるイラストとメッセージ入りのシールも一緒に配布する。シールには、モノクロのペンギン11匹がいきいきと描かれ、英語で「全てのエッセンシャルワーカーの皆さん、ありがとう」と記されている。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです