メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FASHION・EYE

エコバッグで「ありがとう」 エッセンシャルワーカーに感謝 10月以降無料配布

無料配布するエコバッグ。仲條正義さんがデザインしたシール(右)をバッグ裏面の無地の部分に貼り付けて使用する=東京都千代田区で2020年8月26日、滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療従事者やスーパーマーケット、薬局の店員ら「エッセンシャルワーカー」の重要性が改めて認識されている。毎日新聞社などは、そうした活動に携わる人たちに感謝の気持ちを伝えるエコバッグを作製した。10月以降、Bunkamura(東京都渋谷区)が企画・開催する「Bunka祭2020」で無料配布する。

 バッグはA4サイズの書類が入る大きさで、特殊な紙素材でできている。また、バッグに貼りつけるイラストとメッセージ入りのシールも一緒に配布する。シールには、モノクロのペンギン11匹がいきいきと描かれ、英語で「全てのエッセンシャルワーカーの皆さん、ありがとう」と記されている。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で新たに1228人の感染確認 北海道は1週間連続200人以上 新型コロナ

  2. ORICON NEWS のん、THE BLUE HEATSの名曲「キスしてほしい」をカバー、新WEB動画で"むずがゆい恋"を表現

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです