メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

読見しました 愛着

 待ち合わせに間に合うかな、と腕時計を見て驚いた。白い文字盤の上を、金の長針がぷらぷらと揺れている。短針も秒針も正確に時を刻んでいるのに、長針だけが外れてしまったようだ。待ち合わせた友人に見せると笑われた。手元の時計に目をやるたび、6時の方向に針がぷらーんと垂れ下がる。あまりに間抜けだ。

 簡単に直るだろうと時計店に持っていったが、修理センターに送り、海外から部品を取り寄せないと直らないし、購入した時の金額の3分の1近い修理代を払う…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです