メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

戦争を考える/下 「現代」とのつながり訴え 毎日新聞・栗原俊雄記者、若者への思い

戦時中、臨時の火葬場となった上野公園周辺で栗原俊雄記者(右)の話を聞いた=東京都台東区で撮影

 <戦争を考える取材班>

 コロナ禍の終息の見通しがつかない中、早くも戦後75年の夏が終わろうとしている。毎年8月15日の終戦記念日前後に熱を帯びる戦争報道は「8月ジャーナリズム」とも呼ばれるが、今年、その熱量はどこまで「戦争を知らない世代」に届いたのか。取材班は同16日から全国の大学生を対象に、直近の報道をどう受け止めたかアンケートを実施。その回答を踏まえ、毎日新聞社で長年、戦争報道に関わる学芸部の栗原俊雄さん(53)に話を聞いた。

 アンケートには122人が回答した。「戦後75年」を意識したかどうかを尋ねると、「はい」と答えたのは6割超の77人だった。意識した理由には、「戦後75年の特集企画がSNSで話題になっていたから」(北海道大4年)などが挙がった。一方、「いいえ」と答えたのは45人で、「コロナの方が身近な話題だったから」(早稲田大4年)などが理由に挙がった。

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文2138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです