東日本大震災

「復興課題はソフト事業」 知事、コロナで問題深刻に /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災から9年半を迎えるのを前に、村井嘉浩知事は7日の定例記者会見で、復興事業の課題について「心のケアや子どもの不登校、コミュニティー再生は新型コロナウイルスの問題が起こってからより深刻になっている」と述べた。

 村井知事は、復興計画に掲げた事業のうち、ハード事業については当初の予定以上の進捗(…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集