特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球・独自大会

「1位校」4校を表彰 霞ケ浦「今年の経験力に」 県高野連 /茨城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
県高野連から表彰された(左から)吉本光甫副主将、小田倉啓介主将、山本雄大副主将=茨城県阿見町青宿の霞ケ浦高で
県高野連から表彰された(左から)吉本光甫副主将、小田倉啓介主将、山本雄大副主将=茨城県阿見町青宿の霞ケ浦高で

 県高校野球連盟は7日、今夏開催した独自大会「2020年夏季茨城県高校野球大会」で勝ち進み、「1位校」になった土浦湖北、明秀日立、水戸啓明、霞ケ浦の4校に賞状やトロフィーなどを贈って表彰した。

 県高野連の塚本敏雄会長、榎戸努専務理事らは、阿見町青宿の霞ケ浦高を訪問。塚本会長は、賞状とトロフィーを小田倉啓介主将(3年)らに手渡し、「昨年に引き続き、いわば連覇を果たした。地道に練習を続けた成果と思う」と講評した。

 同校の高橋祐二監督は「甲子園大会はなかったが、(独自大会に参加して)区切りがついた。1、2年生たちは苦しい場面を迎えた時、今年の経験が力になる」と大会開催に感謝していた。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文520文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする