メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

「おまかせ」も悪くない /東京

 久しぶりに美容室に行った。長年、通いなれているところだ。いつも同じ髪形にしているが「ちょっと変えてみたいけどどんなスタイルがよいでしょう」と尋ねると、美容師さんは「じゃ、おまかせください!」と元気よく応じてくれたのだ。

 最近、病院では「“おまかせ医療”はやめよう」ということで、とにかくなんでも患者さんに丁寧に説明し、要望をききながらいっしょに治療の方針を決めていく。昔のように「黙って私にまかせなさい」と勝手に検査や治療を進めるのは、もはや時代遅れなのだ。私も、患者さんには検査のデータをなるべく見せながら、薬の効果や副作用を説明し、最終的には患者さん自身に治療の方向性を決めてもらうことが多い。

 しかし、ときには患者さんから、「私にはよくわかりません。先生が決めてください」と言われることもある。そういうときはなるべく、もう一度わかりやすく説明し、「いっしょに決めましょうね」と促すが、心の中では「自分で自分のことをすべて決めるのは、たいへんだろうな」とも思う。もし私が同じ立場でも、きっと同じように「先生が決めて」と言ってしまうのではないだろうか。

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  2. 4800万円脱税罪、人材派遣会社を起訴 横浜地検 売り上げ6億円申告せず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです