メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・旅する・みつける

川崎浮世絵ギャラリー 「日本の宝」4000点生かす 個人収集を市が後押し /東京

 羽田空港(東京都大田区)から多摩川を渡り、川崎市川崎区につながる橋が2021年度に開通する。世界と川崎の距離が縮まるうえ、東京オリンピック・パラリンピックが開かれることもあって川崎市はインバウンドの受け入れに力を入れてきた。19年末、JR川崎駅近くにオープンした「川崎浮世絵ギャラリー」も受け皿の一つと期待されている。【市村一夫】

 JR川崎駅の北改札を出て右に曲がり、階段を下りると踊り場に再開発ビル「駅前タワー・リバーク」の入り口がある。エスカレーターで一つ上の階に上がれば川崎浮世絵ギャラリーに着く。元参議院議員の斎藤文夫さん(92)=川崎市川崎区=が半生をかけて収集した浮世絵を入れ替えながら企画展示している。

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです