医療通訳冊子を製作 新潟大在学中の留学生支援、契機に イラスト使い「気持ち」 安心して病院へ /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療通訳冊子「HELP YOU」を製作した古山さん=新潟市中央区で、井口彩撮影
医療通訳冊子「HELP YOU」を製作した古山さん=新潟市中央区で、井口彩撮影

 日本にいる外国人が病気やけがをした際の助けになろうと、新潟大在学時に留学生支援をしていた新潟市の会社員の男性が医療通訳の冊子を製作、販売している。コロナ禍で医療需要が高まる中、「外国の人が安心して病院に行ける環境を新潟から発信していきたい」と話している。【井口彩】

 製作したのは、新潟市中央区の会社員、古山正裕さん(29)。千葉県出身で新潟大に進学。大学院からは留学生寮に住み、生活支援やイベント開催などをしてきた。

 きっかけは2017年。台湾の留学生から「歯列矯正の器具が取れてしまった」と相談を受けたが、どう対応をすればよいか全く分からない。「情けなかった。困っている外国人を支える仕組み作りが必要だと感じた」

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1236文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集