第9海保、新型水中ロボット公開 冬季長期間の観測可能に /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開された新型の水中ロボット「AOV」=新潟市東区で
公開された新型の水中ロボット「AOV」=新潟市東区で

 第9管区海上保安本部(新潟市中央区)は7日、新型の海洋観測用の水中ロボットを同市東区で公開した。旧型ロボットではできなかった冬季の長期間の海洋観測データが収集できるのが特徴だ。

 ロボットは自律型海洋観測装置(AOV)と呼ばれる。米国製で長さ約3メートル、重さ約170キロ。本体と約8メートルのケーブルでつながったグライダーと呼ばれる部分を水中で切り離すと、左右に付いた羽根が波を受け、時速1・5キロほどで自走する仕組み。海上の気温や…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集