メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重~る経済 介護、ICTで業務改善=百五総合研究所・服部諒 /三重

 <三重(みえ)~る経済>

 介護業界の人材不足は深刻だ。2019年度「介護労働実態調査」(公益財団法人介護労働安定センター発表)によると、介護保険サービスを実施する事業所の65・3%が人材不足と感じている。また、25年には、総人口の約3割が65歳以上の高齢者になると予想されており、人材確保に向けた取り組みは、喫緊の重要課題である。

 国は、介護職員の処遇改善や多様な人材の確保・育成など五つの視点から人材不足解消に向けた取り組みを推進している。その中で最も注目したいのが、離職防止・定着促進・生産性向上に向けた、ICT(情報通信技術)や介護ロボットなどのテクノロジーの活用だ。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです