メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/103 越境する韓ドラパワー 北朝鮮国民も密かに感動 /大阪

米国の有名キャラクターに似せたTシャツを着た男の子。外国情報は商品としても流入している=2013年8月北朝鮮北部の恵山(ヘサン)市にてアジアプレス撮影

 韓国ドラマ「愛の不時着」が大人気だ。パラグライダーで北朝鮮側に不時着してしまった韓国女性と、救助した北朝鮮将校の秘密の愛の物語。脱北者の監修を受けてリアルな北朝鮮が描かれていると評判だ。韓国入りした脱北者の累計は約3万3000人に及ぶのだが、北朝鮮にいた時に韓ドラを隠れて見て、豊かで自由な韓国に憧れたという人が少なくない。

 北朝鮮に韓ドラが流入し始めたのは2000年代半ばのこと。中国から密搬入されたCDやDVDがコピーされて闇で売られて全国に広がった。この頃から、私が中国で取材する脱北者たちのほとんどが韓ドラ体験を持つようになった。「深夜に明かりを消して家族で見た。感動して涙が止まらなかった」「取り締まりの警察官が、新作があれば貸してくれと頼みにきた」と言う人がいた。ストーリーや俳優の名前を私よりずっとよく知る若い…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです