新型コロナ 明石市、交付金で孤立防ぐ 要支援・要介護の市民 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 明石市は、新型コロナウイルスの影響で家に閉じこもりがちな在宅の要支援・要介護状態の市民に、交付金として1万円を支給する方針を決めた。認知症の市民には2万円を上乗せする。交付金の申請や支給を機に、市が当事者と家族に関わることで孤立を防ぎ、継続的な支援につなげるのが狙い。市はこの施策を含む「認知症あんしんプロジェクト」の費用(計約3億3200万円)を盛り込んだ補正予算案を8日開会の9月議会に提案する。

 市によると、コロナ禍による外出自粛や介護サービスの制約で、要支援・要介護者は心身が衰えるなど生活に支障が生じているという。認知症の人は物忘れなどの症状が進み、家族ら介護者の負担が増えるケースもある。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文629文字)

あわせて読みたい

注目の特集