メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合流新党代表選告示 泉氏、枝野氏一騎打ち 10日投開票

泉健太・国民政調会長

 立憲民主、国民民主両党による合流新党の代表選は7日告示され、国民の泉健太政調会長(46)と立憲の枝野幸男代表(56)が立候補を届け出た。10日に投開票され、新代表が選出される。泉氏は共同記者会見で「追及、批判だけでなく政策を伝える」として「提案型」の野党を目指す考えを強調。枝野氏は安倍内閣を批判し「互いに支え合う社会を作るため『機能する政府』を取り戻す」と主張した。

 代表選は新党に参加する立憲の88人、国民の40人、無所属の21人の国会議員計149人の投票によって行われる。枝野氏が立憲の大半と国民の一部を取り込み優位な情勢とみられる。併せて新党名も投票で決める。泉氏は「民主党」、枝野氏は「立憲民主党」を掲げた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです