メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

犬笛選挙広告のワケ=大治朋子

 <ka-ron>

 犬笛とは、犬にしか聞こえない周波数の音を奏でる笛だ。

 英語ではドッグホイッスル。選挙の季節になると、欧米ではこの言葉を時々耳にする。犬にしか聞こえない周波数のように、差別意識の強い人を刺激する差別助長のメッセージをさりげなく盛り込んだ選挙広告を「犬笛」と呼ぶ。

 この夏、トランプ米大統領陣営が作ったCMもその典型だった。

 高齢の白人女性が一人で夜中、居間でテレビを見ている。架空のニュース番組が「警察経費の削減」を求める若者のデモを映し出す。そこにトランプ氏のライバルで民主党の大統領候補バイデン氏が警察の経費削減を目指しているかのようなアナウンスが流れる。

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです