メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/392 阿部和重 写真・相川博昭

 絶妙のアイディアかもしれぬと、ひそかに興奮をおぼえた横口健二は、iPhone SEにさっそく電話番号を入力し、あとは通話ボタンを押すだけの状態にいたる。そこまではすばやかったが、その先のふんぎりがつかない。

 なぜならば即、もしも、とつづけて懸念が浮かんでしまうためだ。

 白馬荘への訪問者が、もしもこの電車に乗っていなかったとしたらどうだろうか――それにそもそも尾行者は別人かもしれないではないか。その場合、少々こまったことになりはしまいか。

 着信への応答があったらそこでがちゃ切りする心がまえはできている。しかしだとしても、こちらの番号を相手に把握されてしまうことになるのだから無傷では済むまい。

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文979文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  2. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです