メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 慣れること、許容への一歩=越智貴雄

ファッションショーでウサイン・ボルト流の勝利ポーズを決める前川楓選手=写真家・越智貴雄さん撮影

 8月25日、幻となった東京パラリンピック開会式の日に、義足の女性たちによるファッションショーを義肢装具士の臼井二美男氏と共に、無観客オンラインで開催した。

 ライトに照らされ、ランウエーを歩く彼女たちはまるで別人だ。中でも注目されたのは陸上で東京パラリンピック代表に内定している前川楓選手だ。アスリートならではの躍動感ある動き。ランウエー先端では、ウサイン・ボルト流の勝利ポーズ。“義足の見せ方”を熟知している。

 子供の頃からファッションが大好きだった前川だが、人に見られるのが苦手だった。それが義足を使うようになってから「かっこいい義足を見てほしいと思うようになり、義足とファッションとの融合を模索するうちに自分の殻が破れて、見られることに慣れて強くなった。自分を好きにもなれた」という。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです