メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

支える2020 企業・個人と競技団体つなぐ 都障害者スポーツ協会

障害者スポーツへの支援に関心を持つ各企業と競技団体の担当者が参加した交流会=東京都内で2019年11月、東京都障害者スポーツ協会提供

 東京パラリンピックを機に障害者スポーツの裾野を広げようと、東京都障害者スポーツ協会は2016年から、企業や個人などからパラ競技団体への支援に関する相談を受ける「コンシェルジュ事業」を始めた。年に1度の交流会は人気を呼び、企業と競技団体でマッチングした事例は14件に上る。

 東京大会の招致に成功した13年以降、障害者スポーツへの関心が高まり、東京都や都内のスポーツ施設には支援に関する相談が相次い…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです