女川原発 宮城・女川町議会が再稼働「同意」 陳情採択、町長は賛否示さず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女川原発2号機の早期再稼働を求める陳情の採決で、賛成の起立をする町議ら=宮城県女川町議会で
女川原発2号機の早期再稼働を求める陳情の採決で、賛成の起立をする町議ら=宮城県女川町議会で

 東北電力が2022年度以降の再稼働を目指す女川原発(宮城県女川町、石巻市)2号機について、女川町議会は7日の定例会本会議で、早期再稼働を求める陳情を賛成多数で採択した。町議会として再稼働に「同意」の意思を示したが、須田善明町長は「まだ確認すべき点もある」として、地元自治体としての賛否を示さなかった。【百武信幸】

 町議会では8月、請願・陳情の採否を付託された原発対策特別委員会が再稼働反対の請願を不採択とする一方、賛成する陳情を採択。本会議では、この結果を報告した上で討論した。再稼働反対の議員は事故がもたらす放射能の影響や、避難計画の不備を指摘する一方、賛成の議員は地域経済や温暖化防止の観点から必要性を強調した。ベテラン議員からは、1960年代以降、原発誘致を巡り地域を分断する対立があり「11年間にわたる『…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文1108文字)

あわせて読みたい

注目の特集