メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『ぼくは挑戦人(ちようせんじん)』ちゃんへん.・著

世界中を旅する中で自分を見つけていく

◆『ぼくは挑戦人(ちようせんじん)』ちゃんへん.・著 構成/木村元彦(集英社/税別1800円)

 中学時代、外国籍の若い先生がいた。その存在に慣れていなかったヤンチャな中学生の群れは、時に「ガイジン!」などと騒いだ。群れの中に自分もいた。後々、問題視されたが、その時に与えてしまった先生の傷を想像するわけでもなく、問題が大きくなることを怖がっていた。

 京都府宇治市、在日韓国・朝鮮人が多く住む通称「ウトロ地区」で生まれ、いじめ・差別を受けながら、ジャグリングと出会い、世界を旅する中で自分という存在を発見していく一冊を読みつつ、自分の中学時代の記憶を復活させた。復活させた、ということは、忘れていた、ということだ。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです