メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

シンガポールの祖先の霊祝うイベント、コロナで今年はネット配信

 シンガポールなど東南アジアで毎年恒例となっている祖先の霊を祝福するためのコンサート「歌台」が今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインで行われる。写真は、ネット配信前にステージで祈りを捧げる出演者。シンガポールで5日撮影(2020年 ロイター/Edgar Su)

[PR]

 [シンガポール 8日 ロイター] - シンガポールなど東南アジアで毎年恒例となっている祖先の霊を祝福するためのコンサート「歌台」が今年は新型コロナウイルスの影響でオンラインで行われる。

 歌台は死者の霊が現世に戻ってくるとされるハングリー・ゴースト・フェスティバル(中元節)の時期に行われ、歌や寸劇などにぎやかなステージパフォーマンスが披露される。ただ、今年はスタジオで無観客で行いネット配信される。

 歌台で37年の経験があるベテラン出演者は「毎年この時期が来ると誰もがうれしくなるが、今年はちょっとむなしく感じる」と述べた。

 一方、歌台コンサートの制作関係者は、ネット配信で新たなファンが付き、生の舞台を再開した時により多くの人が観に来てくれることを期待していると語った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです