メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

素で味わう「乙女」へのときめき 「名建築で昼食を」プロデューサー 山本博紀さん

12日深夜の第5話は、東京・目黒区総合庁舎が舞台。フルーツサンドを食べる藤(池田エライザ、左)と千明(田口トモロヲ)=テレビ大阪提供

 放送中の連続ドラマ「名建築で昼食を」(テレビ大阪で土曜深夜0時56分、BSテレ東で土曜深夜0時)は、実際に昼食を食べることができるノスタルジックな建物が舞台。作中では「乙女建築」と呼ばれている。「性別や年齢を問わず、すてきなものを見てときめく気持ちは誰にでもあるはずです」

 自由学園明日館や東京都庭園美術館など重要文化財からビアホールまで、東京のさまざまな建物が登場する。コピーライターの春野藤(池田エライザ)は、建築模型士の植草千明(田口トモロヲ)と出会い、彼が「乙女建築」と呼ぶ建物で一緒にランチをする。カフェ開店という夢がなかなか実現せず悩む藤は、千明の何気ない一言に心を動かされていく。

 元々、「名建築巡り」というアイデアがあり、甲斐みのりの著書「歩いて、食べる 東京のおいしい名建築さんぽ」を原案に企画がスタートした。「歌や監督業もこなす多才なエライザさんは、藤のイメージにばっちり合う。トモロヲさんはこだわりの強い人物を嫌みなく演じてくれている。建築好きだそうで、ランチもできると聞いて『最高じゃん』と言っていただいた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  3. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです