メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

山田涼介 ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」神崎隆一役 自分貫くぶれない姿

第1話の一場面。生真面目な新米刑事、神崎(山田涼介、右)は、型破りな先輩の黒木(田中圭)とコンビを組む=TBS提供

 「まじめな人って話す言葉がきれいですよね。僕は言葉があまりきれいじゃないから、自分を出さないよう気を付けています」

 11日に始まるTBS系連続ドラマ「キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木」で、主人公の生真面目な新米刑事、神崎隆一を演じる。「正義感が強く、優等生っぽいところは自分と違う」と話すが、「信念を曲げず、ぶれないところは男としてかっこいい」と役柄に共感している。

 神崎は赴任先の警視庁池袋署で、先輩の黒木賢司(田中圭)とコンビを組む。黒木は事件解決のためならルールもお構いなしの、型破りな刑事。2人は衝突してばかりだが、実は同じ父(椎名桔平)を持つ異母兄弟だった。対照的な2人がバディー(相棒)となり、互いに弱点を補い合いながら事件を解決する姿が見どころだ。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです