メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食牛乳、生産フル稼働 コロナで夏休み短縮、影響

新型コロナウイルスの影響による学校の夏休み短縮で給食が例年より早く再開され、フル稼働する給食用牛乳の生産ライン=茨城県古河市で2020年9月4日、宮武祐希撮影

 学校給食用の牛乳(学乳)を出荷するトモヱ乳業(本社・茨城県古河市)の工場で生産ラインがフル稼働している。新型コロナウイルス感染拡大の影響により各地の学校で夏休みが短縮され、給食が例年より早く再開されたことで供給が追いつかず、市販用牛乳の注文を8割ほどに抑えながら給食用に回すなどして対応している。

 同社は東京都、埼玉、茨城両県に1本200ミリリットルの給食用牛乳を日量22万本出荷している。例年であれば、7月下旬ごろから8月いっぱいまで小・中学校が夏…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです