メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

道教委が公立高配置計画 22年度、札幌旭丘に理数情報科 23年度、名寄と名寄産業を統合 /北海道

 道教委は7日、2021年度から3年間の公立高配置計画を決定した。22年度に札幌旭丘に理数情報科(仮称)を新設、23年度に名寄と名寄産業を統合して新たな高校を開設するとしている。

 公立高の配置計画は、中学生が進路選択に十分時間をかけられるよう、毎年3年先まで決められる。6月に示された計画案を地元の要望などに応じて一部変更した。

 21年度は、20年度に学級数を減らした21校のうち、長沼▽砂川▽岩内▽静内▽森▽美瑛▽鹿追▽本別▽標津――9校で、中学卒業者数などを勘案して1学級ずつ増やす。22年度は、札幌市立の札幌旭丘の普通科2学級を、デジタル分野の人材育成に向けた理数と情報分野の専門学科に転換する。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文426文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

  5. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです