東日本大震災

旧役場跡地の地蔵保存 「鎮魂の森」は設計案見直し 大槌町 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧役場庁舎跡地に設置された地蔵の周りの花壇を整備する岩間英二さん。職員だった同級生を亡くした=岩手県大槌町で
旧役場庁舎跡地に設置された地蔵の周りの花壇を整備する岩間英二さん。職員だった同級生を亡くした=岩手県大槌町で

 大槌町の平野公三町長は8日の町議会定例会で、東日本大震災で多くの職員が犠牲になった旧役場庁舎跡地にある地蔵について「受け入れ態勢を整えたい」と現地に残す考えを示した。一方、沿岸の防災集団移転跡地に整備予定の追悼施設「鎮魂の森」について、町は寄付金不足から基本設計案を見直す考えを示した。

 町は6月、鎮魂の森に地蔵を移設する方針を示していた。平野町長は「地蔵の管理者である釜石仏教会の『多くの人がここ…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集