メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 安心へ対策に実効性を 東京都社交飲食業生活衛生同業組合理事長 塚口智さん(74) /東京

 新型コロナウイルスの感染拡大で、問題視されたのが、ナイトクラブやキャバクラといった接待を伴う飲食店での感染だ。「夜の街」と名指しされ、客足の落ち込みや国の緊急事態宣言に伴う休業要請で業界は大きなダメージを受けた。接待を伴う飲食店などで作る「東京都社交飲食業生活衛生同業組合」の塚口智理事長(74)に業界の現状とウィズコロナ時代への取り組みを聞いた。【内田幸一】

 ――組合の成り立ちについてお教えください。

この記事は有料記事です。

残り1254文字(全文1457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  3. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです