新型コロナ 県独自「注意報」解除 新規感染者、2週連続6人下回る /新潟

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い発令していた独自の「注意報」を解除すると発表した。7月31日の発令から1カ月超が過ぎ、新規感染者が発令基準の「2週連続で週6人以上」を下回ったため。

 7日時点の県のまとめによると、8月23~29日の新規感染者、30日~9月5日の新規感染者はいずれも3人で、6人を下回った。

 県の基準では、4人以上のクラスターが発生した場合、感染経路が把握できていることを理由に5人目以降の感染者を考慮しないと定めている。この基準に照らすと、三条市の病院で発生したクラスター(6人)の感染者を2人含む8月23~29日の新規感染者数は1人に減る。いずれにしても解除の基準を満たす。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文542文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集