連載

山は博物館

国内の「登山参加人口」は推定650万人。山が持つ歴史や文化、科学に目を向けた“知的登山”の世界へご案内します。

連載一覧

山は博物館

警察官が食料横取り 指を切り、収容所待遇に抗議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マライーニ氏が冬季、イグルーを利用して登った十勝岳=美瑛岳から
マライーニ氏が冬季、イグルーを利用して登った十勝岳=美瑛岳から

 北海道の山にも足跡を残したイタリア人登山家で文化人類学者、フォスコ・マライーニ氏(1912~2004年)は日本滞在中の43年、第二次世界大戦で同盟関係にあったイタリアが降伏したため、裏切り者の「敵国人」とされて収容所に抑留された。食事が極度に少なくハンストで抗議。警察官になじられると、自分の左手の小指を切り落として投げつけた。

 来日は38年12月。アイヌ研究のため北海道大に留学し、41年4月、京都大のイタリア語教師になった。

この記事は有料記事です。

残り2216文字(全文2431文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集