メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不登校特例校「草潤中」 年間授業時間4分の3 岐阜市教委が指導概要 10、12月に学校説明会 /岐阜

不登校特例校の設置が計画されている旧徹明小学校=岐阜市金宝町4で、高橋龍介撮影

 2021年4月に開校する岐阜市の不登校特例校「草(そう)潤(じゅん)中学校」について、岐阜市教育委員会は年間授業時間を一般校の4分の3に減らすことを柱とした指導概要をまとめた。市教委は19年6月の設置方針決定後、文部科学省との協議や先行事例を研究したうえで、指導計画の策定を進めていた。10月と12月に、同校への転入学を考える生徒や保護者を対象とした学校説明会を予定している。【駒木智一】

 不登校特例校は、不登校の児童や生徒の実態に配慮した特別の教育課程を編成する必要がある場合、文科相の指定を受けた学校が、特別の課程で教育を行うことができる制度で、全国15の小・中・高校が指定を受けている。県内では揖斐川町の私立西濃学園中学校が17年4月に開校した。公立では草潤中学校が東海3県で初となる。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです