メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自宅でできる介護予防 伊賀市がDVD制作 運動や食事を学ぶ /三重

伊賀市の介護予防キャラクター「にんサポくん」をデザインした貸し出し用DVD=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀市は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で外出機会が減少し、高齢者の心身の機能や筋力が低下しやすいリスクが続いているとして、自宅でできる介護予防の運動や食事が学べるDVDを制作し、無料で貸し出している。市職員の保健師や栄養士らが調理法や体の動かし方だけでなく小芝居の脚本、構成を考案し、出演もしている。

 DVDのタイトルは「おうちでかんたん楽しい!フレイル予防」。「フレイル」は英語の「frailty(フレイルティ)」が語源で意味は「虚弱」など。フレイルは健康な状態と介護が必要な状態の中間の状態とされる。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. 検証 菅氏の経済人脈、首相就任で可視化 重点政策、個別に進言

  4. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです