メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車 ライトBMXパーク 普及強化と地域活性へ 岡山市と連盟、新たな仕掛け続々 聖地化、集客にも期待 /岡山

岡山市に誕生した自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設「ライトBMXパーク」=共同

 東京オリンピックで新採用となる自転車BMXフリースタイル・パーク専用の室内練習施設「ライトBMXパーク」が岡山市に誕生し、8月半ばから一般利用が始まった。岡山を「BMXの聖地に」と力を合わせる全日本フリースタイルBMX連盟と岡山市は、普及強化と地域活性化が連動する仕掛けを施し続けている。

 同連盟は元選手の出口智嗣理事長が出身地の岡山市を拠点に、2017年に設立。協賛社は地元企業が中心で、全国の競技者を束ねる統括団体としては異例だ。産学官連携でスポーツを地域共創に活用する取り組みは多く、スポーツ庁によると現在は全国に約130の実施例があるが、岡山のBMXは普及強化との2本柱を掲げ競技団体が主導する点で一線を画す。

 BMXの人気を根付かせるため、17年から3年連続で全日本選手権を同市で開催。昨年10月には国産ジーンズ発祥の地とされる岡山を世界に宣伝するため、地元メーカー3社と競技専用ジーンズを共同開発した。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです