メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5カ月遅れ笑顔の入学式 6年生「こんな時だからこそ」と企画・開催 大野城・大野南小 /福岡

大野南小のミニ入学式で花のアーチをくぐって入場する1年生

 大野城市立大野南小学校で8日、新型コロナウイルスの影響で入学式ができなかった1年生のための「ミニ入学式」があった。6年生が村松大輔校長に提案し5カ月遅れの式が実現した。

 村松校長によると、新型コロナで入学式や歓迎遠足、運動会などが中止になり、特に6年生は小学校生活最後の行事がなくなって悲しい思いをしていた。6年生はこんな時だからこそ皆が笑顔になるにはどうすれば良いかと話し合い、1年生に入学式を開いてあげたいと村松校長に相談した。6年と1年の1~4組ごとに実施し校歌斉唱もしないなど新型コロナや熱中症にも配慮した手作りの式にする企画書を練り…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ? 日焼け止め、防寒着、水筒に氷入れ→校則やルールで禁止 熊本市立の小中高アンケ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです