メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

安倍継承の神髄とは=古賀攻

菅義偉官房長官=東京都千代田区で2020年9月8日午前11時24分、幾島健太郎撮影

 <sui-setsu>

 安倍晋三首相が2015年9月に「新三本の矢」を発表した時、天地が逆さまの絵を見せられたような抵抗感を覚えた。

 金融緩和など元祖・三本の矢はデフレを解消する手段の名称だ。なのに新三本は「名目国内総生産600兆円」「希望出生率1・8」などどれも目標。つまり矢ではなく的にすり替わっていた。

 安保法制のごり押しで下がった支持率を戻したかったのだろう。それにしてもカテゴリーが全く違うものを新バージョンと言う日本語の揺れは見過ごせない。この政権は他にも「女性活躍」「1億総活躍社会」「人づくり革命」と看板を増やすが、コピーの洗練度も脈絡も一貫してはいなかった。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです