連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

安倍継承の神髄とは=古賀攻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
菅義偉官房長官=東京都千代田区で2020年9月8日午前11時24分、幾島健太郎撮影
菅義偉官房長官=東京都千代田区で2020年9月8日午前11時24分、幾島健太郎撮影

 <sui-setsu>

 安倍晋三首相が2015年9月に「新三本の矢」を発表した時、天地が逆さまの絵を見せられたような抵抗感を覚えた。

 金融緩和など元祖・三本の矢はデフレを解消する手段の名称だ。なのに新三本は「名目国内総生産600兆円」「希望出生率1・8」などどれも目標。つまり矢ではなく的にすり替わっていた。

 安保法制のごり押しで下がった支持率を戻したかったのだろう。それにしてもカテゴリーが全く違うものを新バージョンと言う日本語の揺れは見過ごせない。この政権は他にも「女性活躍」「1億総活躍社会」「人づくり革命」と看板を増やすが、コピーの洗練度も脈絡も一貫してはいなかった。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1025文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集