メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

被災と交通再建

 7月豪雨に続き、台風10号に見舞われた日本列島。各地で毎年のように大規模な自然災害が続く。そのたびに、鉄道やバス路線などが被害を受けて不通となり、中には存続が危ぶまれる事態も起きている。地方の公共交通は過疎化や車社会化で赤字を抱え、ただでさえ維持が難しい。地域社会のあるべき公共交通像を考える。

地元の自覚と行動が大前提 加藤博和・名古屋大教授

 公共交通について「社会の基本的なインフラだから、国や事業者が責任をもって整備すべきだ」と考える人は多い。そして、災害で公共交通が失われると「原状復帰が原則だ」という声も上がる。だが、この考え方にこだわっているだけでは公共交通は守れない。

 2007年にできた地域公共交通活性化再生法では、地域公共交通について最も主体的に考えるのは市町村と位置づけ、都道府県は広域的な見地から市町村と連携する。国はそれらの活動を支援し、事業者は情報提供とサービス向上に取り組むという役割分担だ。

この記事は有料記事です。

残り4144文字(全文4554文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです